塩蔵こんぶと干し大根で♪

去年の暮に革の稽古場で先生からお歳暮のお返しに頂いた三陸産の塩蔵こんぶ。
前回も前々回も同じものでした。
このこんぶ、塩蔵なのでとても日持ちするんですが、ワカメは良く市販されていますが、
こんぶは中々お目にかかれない。

先生に聞けば、気仙沼にある知り合いの海鮮問屋さんから送ってもらっているとの事。
古いお付き合いで、震災後は協力の意もあり、わたしたち生徒にも配るからとカートン単位で
買っているのだそうです。

DSCN4065_20160110222409379.jpg

その昆布ですが、季節物なので夏場は手に入りません。

DSCN4070_20160110222409a3f.jpg

塩蔵ですが、あまり塩辛くなく、塩出しは10分程度水に浸しておくだけでOK♪
綺麗な深い緑が素晴らしく、葉は厚みがありながらも柔らかいんです。

袋から出すと一枚の葉がゆうに2メートル位あるので、調理し易いようにキッチンハサミで適当な長さにカットして
保存しています。
あとはこのように軽く塩出ししてから、刻んだり、肉や魚を巻いたり、手で割いて結び昆布として使います。

DSCN4079_20160110222410b8d.jpg

今回は煮物に加えるので結びます。

12523179_919563608080978_937388497115939797_n.jpg

実家からたくさんもらって食べきれないからともらって来た大根を、今度は煮物にしますので、
折角の休日を利用して洗濯物と一緒に干します。
室内からの撮影で逆光になり大根が青っぽく写ってしまいました(^_^;)。
厚切りのため、昨日と今日の2日間天日干し。

DSCN4078.jpg

夕方に取り込むとこんな感じ。
中心部分はまだ水気がたっぷりですが、外側はだいぶ乾きました!

DSCN4081.jpg DSCN4083_20160110222434240.jpg

酒を煮切って水を足し、鰹出汁と白出汁を少々加えて煮込んで行きます。
先に大根を入れて沸騰したら手羽を投入、薄口醤油も少し足して弱火で汁が濁らないように30分。

それから昆布を加えて更に30分煮たら火を止めて味を染み込ませます。

DSCN4084_20160110222436cbc.jpg

食べる直前に再加熱して熱々に♪

具の全て、主役の大根、脇役のこんぶと手羽はとっても柔らかでつゆの味が染み込んでますよ♪
手羽も1時間煮込んだおかげで骨離れも良くホロホロの1歩手前状態です♪

冷めても美味しいのでちょっとだけ残しておいて明日の朝ごはんのおかずにしちゃう♪
余ったスープは濾して保存。味玉に使っても良いし、野菜スープか雑炊にしてもOKね!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

     

コメント

Secret

     
プロフィール

ゆかりん78

Author:ゆかりん78
2011年4月から始めました。
大好きな麺類の食を中心に美味しく食べるための努力、作るための努力を考えます。
新たな発見があれば報告し皆様と共有して行きたく。
革の製作にも注力し、美しく作るためのプロの技を日々習得中。
どうぞ宜しくお願い致します。

yukarin_78をフォローしましょう

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
こちらのバナーから「革工房 EIKO」を検索してみてね♪
クリエイターズ・ギャラリはこちら→http://tetote-market.jp/creator/kawakoubou-eiko/

ランキング♪

FC2Blog Ranking

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
現在のカウンターは?
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR